【ミャンマー津波関連情報】 2005/1/10UP


本ページでは、新しい情報は順次下欄に記載していきます。
メールで戴いた情報は、信頼性の高いものと判断したものを原則そのままで掲載しますが、
その内容の正確性・信憑性について当支部で保障するものではありませんので、ご注意ください。
又、情報の中には各種リンクがありますが、特に許諾は取っていません。
リンク先各位には内容の緊急性公共性に免じてお許しいただきたくお願いいたします。
掲載について不都合がある場合は、支部までご連絡ください。



今回の津波で、インドネシア、タイ、スリランカ等インド洋沿岸諸国で
大きな被害を受けていますが、
不思議なことに日本のマスコミでは
ミャンマーの状況についてほとんど報道されず、一部新聞で
プーケットの北、タイ国境近くのミャンマー領/コータウンでは、
橋の落下により10人程度が死亡した等、計
90人という
被害者数が報道(1/1現在)されているに過ぎません。

同じインド洋に接しているミャンマーでも津波の性質上この影響を受けた
可能性は高いものと予想されます。

海外からの情報では、
ユニセフがミャンマー政府に被害状況の実態公表
についてうながした模様であり、実際には多くの河口デルタ地帯や
沿岸の島々では相当な被害も発生したのではないかとの観測も出ています。


当会では引き続き現地等から情報を収集しています。
今後も情報が入りましたらお伝えします。
又、情報をお持ちの方はHP担当者までご連絡ください。



2005/1/1

※検索サイトで「myanmar」と入力しますと海外の多数のミャンマー関連英文サイトが検索でき、いくつかの
 ニュースサイトでミャンマーでの津波被害情報が出ています。
 検索サイト「Google」ではその場で自動翻訳文(十分ではありませんが)を見ることができます。

12/27<MAIL>

ヤンゴン在住の方より
津波の影響についてですが、タンドエ(サンドウエイ)、ダウェイに工場がある日系企業が現地に確認したところダウェイは特に影響なし、タンドエは5分間程満潮と干潮を繰り返した程度の波の変化で特に影響はなかったそうです。
日本大使館からの情報ではコータウンの空港に行く橋が崩壊して10名程死んだという話があるそうです。またパテインのホテル数箇所に確認したところでは、デルタで被害が出ているようで、ラブタでは20名以上死んでいるという話を聞いたと話していました。おそらくデルタ地区一帯に被害は及んでいる模様です。
1/3<MAIL>

千葉在住の方より


※本情報は当初掲載漏れでしたので1/10に追加しました。
スマトラの地震と津波の影響についてですが、エーヤワディー管区はどうなのかと心配になり、パテインの友人に聞いてみたところ、揺れはかなりすごかったらしいのですが、津波はそうでもなかったらしいです。

11月にMaw Tin Zon岬とHaing Gyi島に行きましたが、Maw Tin Zonのパゴダが地震で少し壊れたくらいで、そのときに会った村の人達は皆さん元気だそうです。
取りあえず一安心と言ったところでしょうか。
1/5<MAIL>

東京在住の方より
ご案内にあった津波被害の件ですが、今朝、BBCのニュースに掲載されておりました。
国連の食糧計画、国際赤十字、国境なき医師団等からの情報によると、政府の発表を大幅に上回る死者、不明者がある、との見解を記事にしておりますので、別途、記事のみ送信させていただきました。
被害の大きかったところは、主にKawthaung(コータウン)というところを中心とした沿岸の地域のようです。
200世帯を調査したところ、少なくとも各世帯から1人は、漁に出るなど、海に出ていた、ということです。
また、3万人くらいの人たちが水、食糧、医療関連と避難所が必要であるとの報告です。


** Message **
Tsunami in Burma

** 'Hundreds feared dead' in Burma **
The death toll from the Asian tsunami in Burma may be higher than official figures suggest, the UN says.
< http://news.bbc.co.uk/go/em/fr/-/2/hi/asia-pacific/4145489.stm >


** BBC Daily E-mail **
Choose the news and sport headlines you want - when you want them, all
in one daily e-mail
< http://www.bbc.co.uk/dailyemail/ >


** Disclaimer **
The BBC is not responsible for the content of this
e-mail, and anything said in this e-mail does not necessarily reflect
the BBC's views.

If you don't wish to receive such mails in the future, please e-mail
webmasters@bbc.co.uk making sure you include the following text: I do
not want to receive "E-mail a friend" mailings.

1/5<MAIL>

関西在住の方より
大変残念なことですが今回の大災害はミャンマーにも相当の被害が出ているようです。 
以下のサイト(BurmaInfo)で情報が掲載されています。

スマトラ島沖大地震とビルマ 被害状況と支援について
(
http://www.burmainfo.org/relief/tsunami200412.html)


1/10

本サイト管理者より
当コーナー立ち上げ時に「不思議なことに日本のマスコミではミャンマーの状況についてほとんど報道されず」と記しましたが、本日、毎日新聞のWEBサイトに記事があるのを見つけました。(新聞での記事掲載については未確認です)
現在、軍事政権では犠牲者数を当初90人から59人に変更しているようですが、この毎日の記事では、やはり周辺諸国に比べてあまりにも少なすぎる報告に疑問を呈している国際社会の見解を伝えています。
(Mynmar News.Netの各国ニュース紹介サイトでは「秘密主義のミャンマーは津波情報のブラックホールである」と伝えています。)
アメリカのパウエル国務長官は、衛星写真からの判断ではミャンマーはタイのような大被害は免れたと考えられるが、軍事政権の発表する被害状況には疑念を持っていると述べたとのことです。(毎日及びMynmar News.Netの記事から)
詳細は、毎日新聞のWEBサイト(http://www.mainichi-msn.co.jp/)やMynmar News.Net(英文:http://myanmarnews.net/)をご覧ください。

日本の報道機関は、いくらミャンマー政府からの発表がないとはいえ、また、だからこそもっとミャンマーの津波被害情報をもっと積極的に調査し、伝えてもらいたいものです。



(社)日本ミャンマー友好協会関東支部