更新 2012/7/25 
THE JAPAN-MYANMAR FRIENDSHIP ASSOCIATION / KANTO DISTRICT BRANCH

掲載日 内    容
2012/7/25
関西方面のミャンマー料理店紹介
神戸 新長田 カレーの店 「TeTe」
↑ JR新長田駅から徒歩10分程度の丸五市場内にあります。
↑ オーナーの阿雲(アウン)さん(左)と日本人の奥様
↑ 店内のメニュー
← JR長田駅近くには、この地域出身の漫画家「横山光輝」にちなんだ鉄人28号の巨大なモニュメントがある。
↑「TeTe」の近くには、別のミャンマー料理店「Shwe kan kaw」もある。

TeTeの手造りメニュー(昨年のものなので、最近は変わっているかもしれません。参考に留めてください)

2011/10/1  本イベントは終了しました。
 グローバルフェスタJAPAN2011 10月1日開催初日の模様
日本ミャンマー学生会議のブース<レッドエリア R-31a> 
▲ブースで民芸品などを販売しているのは。最近訪緬し帰国したばかりの日本人学生2人と3人の在日ミャンマー人学生さん
 ▲初日からブース訪問者がたえない  ▲日本人の若い女性もミャンマー産の髪飾りに興味を引かれているようす

日本アセアンセンタのブース<レッドエリア R-15> 
▲日本アセアンセンターの日本人スタッフとミャンマー、ベトナム、カンボジア等の留学生の皆さん
 ▲このブースではアセアン各国の情報や近々開催予定のミャンマーのティンロンイベント等を紹介  パンフレットを配るのはミャンマーからの留学生
 

その他会場の様子 
 ▲帝国ホテル向かい側の会場入り口
 
 ▲フードコーナーは昼時とあってこのにぎわい ▲中央のメインステージでは有名タレント等のLIVEやショーが催される
 <B-54ブース>
▲当会の友好団体のBAJ(ブリッジ・エイジア・ジャパン)のブースでは「ミャンマーの水はこび」体験ができる

 
2011/10/1 本イベントは終了しました。
 
 
ASEANを知ろう!勉強会<ミャンマー編>
日本アセアンセンター でセミナー開催のご案内

平成23年10月3日(月)午後14:00〜16:00に日本アセアンセンター  アセアンホールで開催されます。
 詳しくは→こちら
定員が30名となっていますので、ご希望の方は日本アセアンセンター <電話03-5402-8008>まで、直接お申し込みください。
メール: info_to@asean.or.jp 
 2011/10/1  本個展は終了しました。
 <耳より情報>
ミャンマーのアーティスト(インスターレーション)

「Nge Lay(ンゲ・レイ)」氏の個展のご案内

国際交流基金より、同基金のJENESYSプログラム「クリエーター招へい」により、現在、ミャンマーのアーティストが1名来日中で、帰国前に成果発表の個展が行われるとの案内が届きました。
アーティスト Ms. Hlaing Yu Par Wint
(ニックネーム:Nge Lay、ンゲ・レイ)
場  所  遊工房アートスペース (東京/上石神井)
開催期間 9月9日(金)〜18日(木)12:00-19:00 
9月9日のアーティストトークに、支部長、事務局長とで本展の鑑賞に伺いました。アーテイストのンゲ・レイさんの作品は、ミャンマーでは珍しい現代アートで、正直この様な世界的にも先進といってよい作家がミャンマーに存在してることに驚きました。過去の作品もプロジェクタで紹介されて、イマジネーションあふれる作品の数々は大変興味深いものがありました。
18日まで開催ですので、ミャンマーファンの方は是非行かれてはいかがでしょうか。
 
 ▲アーティスイトトークでプロジェクタ画像で作品の説明をするンゲ・レイさん(左)
 ▲遊工房内のンゲ・レイさん作品展示 「生と死」等の対比がテーマとのこと
 
 ▲ンゲ・レイさん(中央右)を囲って記念フォト(右:都築支部長 左:栗原)

2011/9/1  募集期限は終了しています。
 
NPOザ・コンサルタンツ ミャンマー主催・関東支部共催
ミャンマー視察旅行のご案内

  当 (社)日本ミャンマー友好協会では、この秋にミャンマーへの訪問団を計画していますが、関東支部長で中小企業診断士でもある都築氏が代表を務めるNPO ザ・コンサルタンツ ミャンマーでも下記の視察旅行を企画しています。ミャンマー財界の要人、政府機関の首脳との対談機会の提供を考えている点がポイントのようです。
 募集締め切りまで時間がありませんので、興味のある方、参加希望の方は主催者(ザ・コンサルタンツ ミャンマー)まで、至急ご連絡ください。

日 程 10月22日〜31日(10日間)予定
費 用  23万円程度
航空券、宿泊代、通訳、車代、3食付き
(但し、ビザ取得費、旅行保険、個人的支出は別途となります)
募集人員 約10名 
締 切 9月10日(土) 
問合せ・
申し込み先
NPOザ・コンサルタンツ ミャンマー
都築 治 MAIL:
tzkosm@abelia.ocn.ne.jp

より詳しい日程や企画趣旨等は→こちら(PDF)

2009/1/21 あやつり人形公演のご案内(本イベントは終了しました)

糸あやつり人形公演
「ヨウッテー・ポエー」のご案内
主催:(財)現代人形劇センター
ビルマの代表的伝統芸能である糸あやつり人形芝居が、下記の通り(財)現代人形劇センター主催にて7年ぶりに日本にて公演されます。
当会では、この公演は日本ではなかなか見れない人形芝居であり、伝統芸能の視点からの相互理解と文化交流につながるものと考えぜひご覧戴くようご案内致します。


現代人形劇センターの公演紹介ホームページは こちら


前回公演案内写真より
■開催日時
 及び会場 
2月9日(土)15:00/18:30〜 ラゾーナ川崎プラザソル
  10日(火)15:00/19:00〜 カスケードホール(千代田区)
■料金  前売り3,000円 当日3,500円 
■お申し込み 主催者の(財)現代人形劇センターに直接電話にてお申し込みください。直通 044-777-2228
 (会員・PAL会員については割引があります。お申し込みの際その旨を申し出てください)


2008/8/13 ミャンマー写真展のご案内(本イベントは終了しました)

「 和 心 譜 U」 − ミャンマー徒然 −

安田和東写真展 ご案内 (当会会員


会期:2008年8月25日(月)〜9月5日(金)
時間:10:00〜18:00(土曜・日曜・祝祭日は休館)
入場料:無料
会場:コダックフォトサロン
    〒113-0033 東京都文京区本郷2-2-9
            センチュリタワー1F 
    TEL:03-3813-5313

内容/海で魚を獲り、畑で穀物や野菜を作り、太陽と共に寝起きする、生きていく上であたり前の姿。寒暖差が激しく、一般家庭では家畜も人も一つ屋根の下で生活をしているミャンマーの人々の暮らし。欲や見栄など無意味な生活は、本来人間のあるべき姿として、作者を原点へとリセットさせます。港町や農村などで撮影されたそんな人々のポートレートを展示します。
(イベント案内のコダックフォトサロンホームページより転載)

詳しくは→こちら
2008/7/15 サイクロン支援関連イベントが開催されます。(本イベントは終了しました)
(財)ケア・インターナショナル ジャパン
ミャンマー・サイクロン被災者支援報告会

日 時 2008年7月18日(金) 午後16:00〜17:00
会 場 ソニー株式会社 御殿山テクノロジーセンター NSビル
     (ソニー旧本社) 108会議室
主 催  (財)ケア・インターナショナル ジャパン
申込み  マーケティング部 高木様 (TEL)03-5950-1335
 
報告会の詳細は こちら

2008/7/15 サイクロン支援関連イベントが開催されます。(本イベントは終了しました)
ミャンマー・サイクロン/中国四川大地震被災支援
チャリティーコンサート
  
〜世代とジャンルを超えて〜


日 時  2008年7月17日(木) 午後18:00〜
参加費 5000円 
出 演 雪村いずみ、前田憲男、サーカス他多数 
会 場 東京/上野 国際文化会館 小ホール
主 催 ミャンマーサイクロン/中国四川大地震被災支援
     チャリティーコンサート実行委員会  
申込み 東京労音 03-3201-9933 
     チケットぴあ 0570-02-9999 

ちらしPDF こちら

2008/5/24 銀座でミャンマーがテーマの写真展が開催されます。
(本イベントは終了しました)

小嶋幸子写真展「祈りの国“ミャンマー”」 ご案内

会期:2008年5月26日(月)〜31日(土)
時間:10:00〜19:00(土曜日は17:00まで)
会場:ギャラリーアートグラフ(銀座ギャラリー)
   〒104-0061 東京都中央区銀座2-9-14
   TEL:03-3563-0372(FAX兼用)

内容/金色に輝くバコダ!人々は信仰心厚く、仏教でもミャンマー独自の文化を持つ。戒律の厳しい僧侶の姿や、そこに生活する人々の素顔が少しでも紹介できたらと思う。旅人の心を癒す何かがそこにはある。(イベント案内のギャラリーホームページより)


2008/4/12 元ヤッターナーのイーイーミンさんから以下のイベント案内が届きましたのでお知らせします。
(本イベントは終了しました)
日本・ミャンマー友好の集い
ビルマの竪琴と日本のお神輿

■日時:平成20年4月20日 (日)13時から17時30分まで
■場所:目白大学 研心館
      〒161-8539 東京都新宿区中落合4-31-1
■主催:NPO法人ミッターファンデーション 国際ボランティア ミャンマー日本友好協会
■イベント概要
 *水かけ体験
 *お話し「お釈迦様と仏教と水かけ祭り」
   講師:曹洞宗総合研究センター研究員 仏教学博士 古山健一先生
  (原始仏教「パーリー語の根本原典」研究の若手第一人者として
   テーラワーダ仏教にご造詣が深い)
 *ミャンマー舞踊
 *竪琴演奏
 *日本の祭り(お神輿)
 *パーティ
■参加者:一般の方でも、ご希望の方は参加できます
■参加費:大人2000円 大学生500円 高校生以下無料

※このイベントについての詳細お問い合わせ、お申し込みは
 直接主催者のミッターファンデーションへ
 TEL:03-5380-2348 FAX:050-7543-2348 

2008/4/12

 新しいビルマ料理店
ミャンマーキッチン「シュエジンヨウ」 SHWE ZIN YAW
が3月19日に開店しました。

当支部料理会講師でおなじみのイーイーオン森近さん(下写真左)の
お店です。下写真は3/15のプレオープンでのスナップです。
2008/4/12

アイリーヌ・マーティー監督(スイス)
「ビルマ、パゴダの影で」
3月15日より東京渋谷 アップリンクにて上映されます。


ジャングルの奥深く国境地帯へ軍事政権から逃れてきた少数民族や反軍事勢力の過酷な生活をスイスの観光用PR番組の撮影と偽りビルマ(ミャンマー)に潜入し取材したドキュメンタリー映画です。
特設サイト:http://www.uplink.co.jp/burma/

2007/6/22 財団法人早稲田奉仕園主催のイベントを紹介します。(終了しました)

加藤敬さんスライドショー&講演 「ミャンマー憧憬」ご案内

1980年池袋西武百貨店で開催したマンダラ展にて日本に曼荼羅を紹介し、チベットブームを起こした菊池寛賞受賞写真家加藤敬氏。

活動はチベットのみならずミャンマー、台湾、韓国、日本とアジアを中心にその国の文化を深淵部まで紹介する。その膨大な取材のなかから、今回はミャンマーの人々の篤い信仰心と仏教空間、アジア三大遺跡パガン、ミャンマー特有の民間信仰精霊ナッ信仰、また湖上で浮き畑農業を営む人々のインレー湖祭りと生活、上座仏教を厳守する僧侶や子供たちの得度や功徳の証であるパゴダ群などを、卓越した写真とともに加藤氏が感じたミャンマーの空気感を直接お話しいただきます。
 
    *日時  7月14日(土)14時〜16時 
    *会費 1000円(当日受付にて)
       *早稲田奉仕園リバティホール
    *ホームページより、またお電話で語予約ください。
    *主催・問い合わせ:財団法人早稲田奉仕園
     (1908年創立の国際交流を目的とした育英奨学財団)
   【住所】169-8616  東京都新宿区西早稲田2-3-1
   【TEL】 03-3205-5403 (講座担当直通 13:30〜19:30)
   【FAX】 03-3205-5413 【MAIL】  program@hoshien.or.jp
   
詳しくは  http://www.hoshien.or.jp/class/asian-tokubetsu.html


2006/7/25 青葉国際交流ラウンジのイベントを紹介します。(終了しました)
青葉国際交流ラウンジのイベント
「第31回アフタヌーンティ」(7/29開催)にて
当関東支部メンバーのドゥ・キンチーさんが
ビルマを紹介します。
「第31回アフタヌーンティ」
”ミャンマー(ビルマ)を知っていますか?”の概要

    (青葉国際交流ラウンジのサイトより転載)

ゲスト    前原 キンチー さん
        (日本ミャンマー友好協会会員)
日 時    2006年7月29日(土) 午後2:00〜4:00
参加費    400円 (御茶と手作りお菓子付)
定 員    30名 (申し込み先着順)
会 場    青葉国際交流ラウンジ (青葉区区民交流センター)
        (東急田園都市線 田奈駅下 0分)
申し込み  青葉国際交流ラウンジ窓口
        電話 045−989−5266
        FAX 045−982−0701
        Email:aobalounge@a00.itscom.net

2006/6/6
(top)
伊藤雄介氏の個展案内 (終了しました)
ビルマののどかな雰囲気を描いた作品もある、
伊藤雄介氏の個展が、下記の通り開催されました。
「パゴダの国」
油彩 キャンバス
116.5×90.5cm
2005
◆日時 平成18年 6月 20日 (火)-25日(日)
      月曜日、第一日曜日は定休。 Open 11:00〜19:0
◆会場 川越画廊
     埼玉県川越市連雀町14−2 〒350-0066
      TEL 049−225−3260     地図
   ■交通:池袋より東武東上線、地下鉄有楽町線、埼京線
    (新宿、渋谷方面からは埼京線が便利です)にて
     川越駅下車。改札を右に出て、バスターミナル
     @A番乗り場で乗車。4番目【蓮馨寺】下車、1分。
     高田馬場より西武新宿線にて本川越(ほんかわごえ)
     下車、5分。
     【大正浪漫夢通り】の入口です。
   ■車の場合:関越自動車道【川越インター】で降りて、
    国道16号を川越市内方面へ直進、大正浪漫通りか
    商工会議所を目指してください。
 
2006/5/28
船橋でミャンマー料理教室が開催されました。
■概要
◆日時 2006521(日) 午前10:30〜
◆会場 船橋市/海神公民館 TEL 047-420-1001 
     
海神6-3-36  京成線海神駅下車徒歩約1分


2006/4/1

毎年恒例の東京での「水かけ祭り」の案内が
支部に寄せられましたので、ご紹介します。

歌と踊り、屋台等楽しいイベントが企画されているようです。

日 時

2006年4月9日(日)
午前10時から午後5時まで

場 所

東京 王子 飛鳥山公園
(JR「王子駅」から徒歩3分)

主 催

BLD ビルマ民主化同盟


2006/2/26
 ジェトロ(日本貿易振興機構)主催
メコン展』開催 (2/21〜24)

(終了しました)
速報/ 2月21日オープニングセレモニーの模様
当会も招待を受け副会長栗原が出席しました。
▲主催者、来賓(メコン各国代表等)によるテープカット
  右から3人目がフラ・ミン駐日ミャンマー大使
 
▲ビデオ映像にてメコン各国を紹介
▲ミャンマーのブース全体
▲ミャンマーの展示コーナー(チーク材建材や農産物)
▲家具(ベット)やファブリックも展示)

メコン展について詳しくは

   JETROのメコン展ホームページ

   メコン展「ちらし」

2006/2/6
株式会社アジアにじゅういち主催
第5回『アジア、夕話』のご紹介
(終了しました)

中国のライバル、インドの登場
中国(巨龍)に対抗できるのはインド(巨象)しかない

銀座でアジアをテーマとした会『アジア、夕話』を
開催しているそうで、今回は第5回の催し。
参加希望の方は主催者まで直接電話で申込み願います。
  電話( 03-3473-6921 )

『アジア、夕話』第5回目は2月9日(木)開催です。今回のテーマはこれまで4回続けた中国から少し対象を変え、中国のライバル・インドを取り上げます。この10年間、驚異的な発展を遂げている中国が、近年、SARSや反日暴動などの不安要素が出てきたことで、「China+1(チャイナ、プラス、ワン)」の考え方が出てきています。その「1」の筆頭がインドです。アジアの大国・中国に唯一対抗できる国がアジアにあるとすれば、それは間違いなくインドです。そこで、今回はゲストとして、インドビジネスセンター社長の島田卓氏をお招きしました。島田氏は元東京銀行インド・ニューデリー支店次長として4年半インドに駐在、現在は日本でNo.1のインドビジネス・コンサルタントとして活躍されています。マスコミ(TV、新聞、雑誌)にも頻繁にコメンテーターとしても登場されています。
 日本のインド情報と言えばこれまで観光が主体でした。「ゼロを発見した国」、「IT大国」のイメージはあっても、実際にインドとはどういう国であるかは一般に知られていません。今回は「インド人とはどういう人?」、「インドで商売するには」、「インドビジネスで失敗しないためには」等などの疑問にも答えていただけます。

◎日時 2006年2月9日(木)19:00〜21:00
     18:30 受付開始  19:00 島田さんのお話(20分) + 質問タイム           20:00 交流会(名刺の交換)   21:00 終了

◎場所 東京・銀座 紙パルプ会館1階 ラウンジ「パピエ」         東京都中央区銀座3−9−11、地下鉄銀座線・銀座駅より徒歩2分)
   
TEL 03−3543−8111(代表) http://www.kamipa-kaikan.co.jp/

◎テーマ 中国のライバル、インドの登場

 ―中国(巨龍)に対抗できるのはインド(巨象)しかない―

◎ゲスト インドビジネスセンター社長 島田 卓(しまだ たかし)

◎参加費  4000円(飲み物・軽食付)
◎定員 25名
(申し込み順) 

◎主催/申込先  株式会社アジアにじゅういち 

141−0022東京都品川区東五反田2‐20‐2‐804

白水和憲(しろうず かずのり)  安田純子(やすだ じゅんこ)

TEL 03-3473-6921 FAX 03−3473−6922

携帯:090-3478-2774    E-mail:asia21@msj.biglobe.ne.jp

2006/2/6
国際交流基金主催にて
「アジア理解講座」が開かれます。

(終了しました)
国際交流基金(ジャパンファウンデーション)は、文化芸術交流、海外における日本語教育、日本研究・知的交流を主要な事業領域として、日本と海外諸国との相互理解を深めるためにさまざまな事業を実施されています。
「異文化理解講座」は、第一線で活躍する専門家の方々を講師に招き、海外の国や地域を多様な視点から取り上げる連続講義とのことです。
今回、アジア地域を取り上げ、アジア地域に暮らす人達の生活を知り、文化を知り、歴史を知ることにより、異文化への理解を深めようという「アジア理解講座」が開催されます。(9月28日〜12月9日)
関東支部宛てにその案内を戴きましたのでご紹介いたします。
詳しくは、国際交流基金のホームページをご覧下さい。
  →こちら
2005/4/25
パオセヤドー・ゴールデンウィーク瞑想会の紹介
(終了しました)

当協会員の山下さんのご子息でミャンマーの僧侶になられた山下良道さん(スダンマチャーラ比丘)が修行を終えてこの28日に、師であるミャンマーの高僧パオセヤドーと共に帰国されます。
このパオセヤドーの瞑想会が4月29日(金曜)から5月8日(日曜)まで池袋の豊島区立生活産業プラザ「ECOとしま」で開催されます。
真のミャンマー仏教を学ばれたい方、ご興味のある方はぜひ参加してください。

■日時:平成17年4月29日(金)〜5月8日(日)
■場所:豊島区立生活産業プラザ「ECOとしま」

    その他詳細はこちらをご覧ください
    http://www.geocities.jp/kallanamitta/

2005/4/25

謎に覆われた国ミャンマー、「生活」の写真展のご案内
(終了しました)
開催日時
   平成17年5月14日(土)〜16日(月)
   10時〜19時(初日は12時〜19時、最終日は17時終了)
                                           開催場所
   かながわ県民センター 1階 展示ホール
   TEL:045-312-1121
   横浜市神奈川区鶴屋町2-24-2  (横浜駅西口から徒歩4分)

  詳しくはこちら

主催 特定非営利活動法人 ザ・コンサルタンツ ミャンマー
    (社) 神奈川県経営診断協会 東南アジア産業支援研究会
2005/4/13 日本での水祭り「東京ダヂャン」が4/10に飛鳥山公園で開催されます。
(終了しました)
行事名 「東京ダヂャン(水祭り)」

日 時

4月10日(日) 11:00〜17:00

場 所

飛鳥山公園(JR王子駅南口)

主 催

ビルマ青年ボランティア協会(BYVA)
TEL:03−3916−4996

2005/4/1 東京 芝の増上寺にて4/2より
<ミャンマー写真展「遊行」>が開催されます。
(終了しました)
行事名 ミャンマー写真展「遊行」 撮影:関谷 巖
入場料 無料

日 時

2005年4月2日(土)〜7日(木)
午前10時から午後4時まで

場 所

芝 増上寺
三縁ホールロビー(本堂地下1階)

主 催

財団法人 浄土宗報恩明照会

後 援 ミャンマー総合研究所

2005/1/8
仏教講話「テーラワーダ仏教の教え」
第二回
「仏教徒の社会生活」
仏教学博士 古山健一先生

■日時:平成17年1月30日 (日)15時から17時まで
■場所:テーラワーダ仏教徒センター事務所下 ミャンマー料理店 ヤツタナー
■講師:曹洞宗総合研究センター研究員 仏教学博士 古山健一先生
  (原始仏教「パーリー語の根本原典」研究の若手第一人者として
   テーラワーダ仏教にご造詣が深い)
■参加者:一般の方でも、ご希望の方は参加できます
■参加費:無料(法施)
■会食:法話終了後、希望者は先生を囲んで食事会をします(二千円)
■主催:テーラワーダ仏教徒センター日本人会


※このイベントについてのお問い合わせ、お申し込みは
 ミャンマー料理店
ヤッタナー宛てに願います。TEL03-3361-1349

2004/10/11 日緬合作映画「血の絆」が東京国際映画祭で上映されました。
(終了しました)


日緬合作映画「THWAY-血の絆」が
東京国際映画祭で上映されることになりました。
まだ見ていない方はこの機会に是非ご覧下さい。

第17回東京国際映画祭/日本映画・ある視点
   映画「THWAY-血の絆」上映会

●日時:10月23日(土) 3:40PM
     10月27日(水) 1:00PM
●会場:VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ SCREEN1
●チケット:前売り¥1,000 当日券¥1,200 全席指定
 (チケットぴあにて販売中
問合せ先:
[ハローダイヤル(〜10月31日(日)7:00〜23:00)]
03-5777-8600



2004/10/11 ザ・コンサルタンツ ミャンマーの写真展が実施されました。
(終了しました)

当関東支部の友好団体である、特定非営利活動法人
 ザ・コンサルタンツ ミャンマーより写真展のご案内です。
このイベントへのお問い合わせは、直接主催団体へお願いします。



神秘的ミャンマー「暮らし」の写真展

詳しくは→ここ

日時 2004年10月19日(火)〜22日(金)
   10時〜18時(最終日は16時終了)
場所 厚木商工会議所 1階 展示ホール
(小田急線本厚木駅徒歩10分)   TEL 046-221-2151
主催 特定非営利活動法人 ザ・コンサルタンツ ミャンマー 
(社) 神奈川県経営診断協会 東南アジア産業支援研究会

2004/4/9 日緬合作映画「血の絆」4月に再試写会が実施されました。
(終了しました)
 日緬合作映画「血の絆」
アンコールプレミア試写会のご案内
昨年12月日緬合作映画「血の絆」の試写会は
大変好評でした。再度の上映のご要望もあり、
又、見逃した方々も多いようで、そのような方々
のために4月に再度の試写会が予定されました。

 
 
       昨年の試写会での舞台挨拶の模様

◆日時 200449(金)
      ヒルPM14:00〜  ■ヨルPM18:30〜
◆会場 赤坂国際交流基金フォーラム TEL03-5562-0699
 
   東京都港区赤坂2-17-22赤坂ツインタワー1F
         地下鉄銀座線「溜池山王」駅歩5分
地図
◆入場協力金 2,000以上 

2004/2/1 撮影行脚ツアー(法人会員MOツーリスト社主催)の企画を紹介します。
(終了しました)
 「撮影行脚ツアー」のご紹介
当会法人会員のエムオーツーリスト社
写真題材の宝庫でもあるミャンマーへの「撮影行脚ツアー」を
企画していますので、その内容をご紹介します。
きっと出会える懐かしい風景!
黄金の国。微笑みの国。そして追憶の国。
■旅行期間:2004年2月24日(火)〜3月3日(水)9日間
■旅行代金:298,000円(成田発着)
■募集人員:20名先着(最小催行人員15名)
↑中村友一氏の作品:ウーペイン橋寸景
2003/12/5
映画「THWAY-血の絆」完成試写会/速報
東京及び大阪での試写会と完成祝賀会の模様を速報します。
12/8(月)完成披露試写会 
会場:ル・テアトル銀座
*18:00開場 *18:30舞台挨拶 *19:00上映(3時間16分)
ウティンユウ監督への花束贈呈
弟役ミンモンクン

12/10(水)
完成記念及びミャンマー側俳優スタッフ歓迎パーティー

会場:東京會舘(ゴールドルーム)
*18:30〜20:30 *会費10,000円


「ミャンマー映像・音響技術向上事業」実行委員 鶴岡信一氏による乾杯
母親役 浅茅陽子さん
挨拶をおこなう「ミャンマー映像・音響技術向上事業」実行委員長 元ミャンマー大使 田島高志氏
12/11(木)大阪試写会
会場:大阪国際交流センター(大ホール)
*16:30開場 *17:00舞台挨拶 *17:30上映
左から> ミョウタンダトゥン、ミンモンクン、チョウトウ、麻生あかり(敬称略)


映画「THWAY-血の絆」完成試写会関連日程

12月
7日(日) ミャンマー側俳優スタッフ来日
8日(月) 完成披露試写会 
会場:ル・テアトル銀座
*18:00開場 *18:30舞台挨拶 *19:00上映(3時間16分)
10日(水) 記者会見・完成記念及び
ミャンマー側俳優スタッフ歓迎パーティー
会場:東京會舘(ゴールドルームルーム)
*18:30〜20:30 *会費10,000円

※詳細は血の絆製作委員会 TEL03-3567-7901へ
11日(木) 大阪試写会
会場:大阪国際交流センター(大ホール)
*16:30開場 *17:00舞台挨拶 *17:30上映
※入場券販売中
14日(日) 東南アジア映画祭プレミアム上映(国際交流基金主催)
17:45〜22:00
 *チケット2000円(前売りのみ)
 17日(月)よりチケットピアにて販売


2003/9/15  素顔の美しい国ミャンマー(ビルマ)フェアー(東京会場)にて販売した書籍をご紹介します。
 なお、番号1,6,7については支部に若干数在庫があり、事務局にて販売しております。会員には10%引きとします。郵送希望の方には送料実費にてお送りします。

著書名 著者 出版社 定価
税別
1 ビルマ軍事政権とアウンサンスーチー 田辺寿夫
根本 敬
角川書店 800
2 ビルマ―「発展」のなかの人びと 田辺寿夫 岩波書店 660
3 暮らしがわかるアジア読本ビルマ 田村克己
根本敬編
河出書房 2,000
4 ミャンマーの実像 山口洋一 勁草書房 2,800
5 思いこみの世界史 山口洋一 勁草書房 2,700
6 ミャンマー東西南北辺境の旅 下段参照
(2003/1/23)
伊藤京子 株式会社めこん 1,500
7 旅の指差し会話帳 浅井美衣 情報センター出版局 1,800
2003/4/22 外務省アジア局南東アジア第一課(ミャンマー担当)
から最新情報「ミャンマー情勢レポート」を戴きましたので、
同課のご協力により内容を公開致します。


ミャンマー情勢レポート0304
2003/1/23 当支部所属会員の伊藤京子さんの著書を紹介します。

当支部所属会員の
伊藤京子さんが
下記の著書を出版されました。


「ミャンマー
東西南北・辺境の旅」
(発行:株式会社めこん)

関東支部では、伊藤さんのご協力により会員の方々に会員割引で販売します。
 会員特価 \1,400
   (税込・送料別)
 ※税別定価 \1,500
ご希望の方は支部事務局までご連絡下さい。

2003/1/23
旅の学校“のまど”の岩井穂純さんより、再び、ミャンマー語口座についての案内メールが関東支部宛に届きましたのでご紹介します。
 2003.1.23 

旅の学校
タンダー先生のミャンマー語講座のご案内


 もっと、多くの日本の方々にミャンマーの国を理解し、親しんでいただくため、タンダー先生のご希望により ご好評いただいたミャンマー語講座は今回、初級と中級グラスに分けて開講いたします。両クラスとも、タンダー先生作成のオリジナルテープを使い、実践会話の雰囲気を掴み取りながら、一緒に勉強をしていただきます
 タンダー・アウン先生はミャンマー生まれ、ミャンマー育ちのミャンマー美人。ミャンマーの大学を卒業後、1994年から6年間‘‘Kalaw Hotel’’にてレセプションとツアーコンダクターとして勤務。その傍ら、ミャンマーの中低学年の正徒や民族の方のボランティアティーチャーとして活躍。2000年来日。現在、竃イ屋在職中。


●初級クラス
初級はカリキュラムに沿って、小人数のクラスで、あいさつや買い物など日常に必要な会話と文法を遂次に勉強していきます。

・「全6回カリキュラム」
1 :会話…基本的なあいさつ、   :文法…文字と発音、基本構文
       レストランでの会話   
2 :会話…朝食、喫茶店       :文法…代名詞、名詞・形容詞 
3 :会話…買い物           :文法…後置詞・助詞
4 :会話…乗り物           :文法…副詞、動詞〜現在形〜
5 :会話…病気            :文法…動詞〜未来形〜、動詞〜過去形〜  
6 :会話…その他、まとめ      :文法…子音と母音、まとめ

テキスト
*『すぐに使える!実用ミャンマー語会話集』・・・旅の学校‘のまど’オリジナル教材です!!!
*『実用ビルマ語入門』 戸部 実之著・・・講座にあわせて編集してあります。
上記2冊を学生さん全員にプレゼントします!

・日時: 2月1日、 2月15日、 3月1日、 3月15日、 4月5日、 4月19日
上記全て、土曜日の 午後2:30〜4:30 (約2時間)
基本的に6回通しの講座です。途中参加をご希望される場合はご相談ください。

・受講料:全6回講座分 本学学生 5,000円   聴講生 10,000円
●中級クラス

中級クラスは、原則として初級クラスを修了した方が対象となります。
ミャンマー文字の書き方(綴字法)、読み方を段階的に勉強していきます。

・「全6回カリキュラム」
1〜2回目:  基本となる文字の書き方・読み方。
3〜5回目:  合成文字の書き方・読み方。
6回目:  読み書きの実践。

・テキスト
※1〜5回目までの利用テキストは「エクスプレス」を利用。
6回目はミャンマーの小学校の教科書を使って読み書きの実践。

・日時: 1月25日、 2月8日、 2月22日、 3月8日、 3月22日、 4月12日
上記全て、土曜日の 午後2:30〜4:30 (約2時間)
基本的に6回通しの講座です。途中参加をご希望される場合はご相談ください。

・受講料:全6回講座分 本学学生 5,000円   聴講生 10,000
   ○微笑みの国からのミンガラーパー (こんにちは)

ャンマー語と日本語の文法はほとんど同じであります。
例えば:「私   は  学校   へ   行きます。」をミャンマー語では
     「 チャマ ハー チャウン ゴー トワデ」になります。
意外に気軽にお勉強ができますよ。
ミャンマーにご興味のある方はぜひ、ふるってご参加ください。

ご予約・お問合せは

旅の学校“のまど”
〒180-0004  東京都武蔵野市吉祥寺本町2-5-10 TK吉祥寺ビル7F
TEL  0422-23-1451    FAX   0422-23-2051

Email: nomad-s@yume-ya.co.jp
HP:http://www.yume-ya.co.jp/tsn/tsn.htm



2002/11/23
(財)現代人形劇センターの主催で当協会も後援の、ビルマの代表的伝統芸能/糸あやつり人形芝居が、11月、11、12日に東京/天王洲アイルにて公演されました。
公演紹介の案内を掲載します。
糸あやつり人形公演のご案内
主催:(財)現代人形劇センター 
 ビルマの代表的伝統芸能である糸あやつり人形芝居が、(財)現代人形劇センターの主催で11月、11、12日に東京/天王洲アイルにて公演されます。日本各地で順次公演が開催されますが、当協会も後援する事となりました。関東支部では、この東京公演に多くの支部所属会員の方々にお薦めする形で、ささやかながら協力致します。日本ではめったに見れない人形芝居ですから、この機会に本公演をぜひご覧戴くようご案内致します。
日時:11月11日(月)19:00  
       12日(日)14:00/19:00
会場:スフィアメックス 
    
(東京モノレール「天王洲アイル駅」歩5分)
料金:前売り3,500円 当日4,000円 
   (会員・PAL会員の前売¥3,150)


パンフレット
 既に事務局へチケットお申込の方へご案内
 PALニュース44号にて、この公演の会員割引前売り券をお申込みのあとのチケットの受渡方法について、本関東支部ホームページ上にてご案内することとしておりましたが、その方法が決定しましたのでお知らせします。
 チケットを事務局にて確保できましたので所定の方法(PALニュースのFAX用紙利用)にてお申込の方には、ご記入の住所宛に郵送(普通便)にてお送りします。
 これから、お申込の会員・PAL会員の方もPALニュース44号のFAX用紙をご利用下さい。
 PALニュース44号が見当たらない方の為にPDFファイルも用意しました。
 本公演に関する通訳募集のお知らせ → おかげさまで通訳が見つかったそうです。 

2002/10/12 最高裁判所(刑事局訴訟事件第二係)より、下記のような案内が届きましたので、内容をそのまま掲載します。
法廷通訳セミナーのおしらせ
 11月21、22日に、東京地方裁判所で、法廷通訳セミナー(ミャンマー語)が開催されます。このセミナーは法廷通訳をしたことがない人〈少ない人〉に実際に通訳人として選ばれる場合に必要となる知識やテクニックを勉強してもらうものです。内容は実際の法廷を傍聴したり、模擬通訳実習などをしてもらい経験が豊かで優秀な講師からアドバイスを受けてもらうといった、実践的でとてもわかりやすいものです。
「法律の知識なんてないし、法廷の通訳なんてしたことがないから、全然自信がない。」と思っている人でも大丈夫です。セミナーでは裁判所が裁判の流れとか法律用語、通訳をする時に注意することなどを丁寧に説明させていただきます。ですから、法廷通訳に興味がある方であればどなたでも安心して受講することができます。
 また、全国からミャンマー語を話す人が集まりますので、通訳に関する日頃の悩みや疑問に思っていたことなどを他の参加者に相談できるなど、多くの人と知り合いになれるチャンスです。
 さらに、参加された方には、規定に従った旅費と日当が支払われますので、遠くにお住いの方でも奮ってご応募ください。
 なお、今回の募集人員には限りがあります。応募者が多い場合などやむを得ない理由により、希望しても受講できない場合もありますので、この機会を逃しませんようご応募はお早めにお願いいたします。応募の結果は、のちほど御連絡いたします。
 詳しくは、別紙「セミナーの内容」をご覧ください。

法廷通訳セミナーの内容
1 日時 平成14年11月21日(木),22日(金)の2日間
2 場所 東京地方裁判所(東京都千代田区霞が関1−1−4)
3 対象言語 ミャンマー語
4 実施内容
 (1日目)
時  間 内 容
9:00〜12:00 ○開始式
○裁判を傍聴する。
○傍聴した裁判の手続きや通訳に関する質疑応答を行う。
 裁判官による刑事裁判手続き等の講義
12:00〜13:00 昼食
13:00〜16:40 ○講師による法廷通訳についての講義を行う。
○模擬通訳実習〈模擬通訳実習の講評〉
 
 (2日目)
時  間 内 容
9:00〜12:00 ○模擬通訳実習〈模擬通訳実習の講評〉
12:00〜13:00 昼食
13:00〜16:40 ○座談会
○終了式
5 日当等 受講者には,規定に従って旅費及び日当が支給されます。
6 連絡先 参加を希望する方は,最高裁判所刑事局訴訟事件第二係まで電話してください。
     電話03−3264−8111,内線4223
   〈不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。なお,セミナー受講前,最寄りの地方裁判所で簡単な面接を受けていただく必要があります。詳しくは上記係までお問い合わせください。)
7 申込締切 平成14年10月21日(月)

2002/9/16 旅の学校“のまど”の岩井穂純さんよりミャンマー語口座についての案内メールが関東支部宛に届きましたのでご紹介します。すでに講座は開始されていますが途中参加も可能とのこと。また今回が終わっても次回また開催する予定だそうです。
 2002.9.16 

旅の学校
タンダー先生のミャンマー語講座のご案内


 ミャンマーの文化・生活習慣・民族の話をまじえながら、生きたミャンマー語を学んでいきます。全6回のカリキュラムを組み、それに沿って段階的に勉強していきます。学生さん同士、そして先生もまじえて気軽にミャンマーの話ができる楽しくわかりやすい講座です。講座
終了時には皆さんが、旅で使える比較的簡単なミャンマー語を話せる様になり、そして基本的な文章を作れるようになっていることを目標にしております。すこしでも言葉が分かれば、旅は一層楽しいものになります。これからミャンマーに行こうとしている方、またミャンマーに興味がある方にピッタリの講座です。
 お問合せは、直接旅の学校までどうぞ。(下記連絡先)


 ■日 時
   9月07日(土)   9月21日(土) 
  10月05日(土)  10月19日(土)
  11月02日(土)  11月16日(土)
  ★ 上記全て、午後2時30分から午後4時30分(約2時間)
  ★ 基本的に6回通しの講座です。途中参加をご希望される場合はご相談ください。

  1 :会話…基本的なあいさつ、レストランでの会話
    :文法…文字と発音、基本構文
  2 :会話…朝食、喫茶店  
    :文法…代名詞、名詞・形容詞
  3 :会話…買い物 
    :文法…後置詞・助詞
  4 :会話…乗り物 
    :文法…副詞、動詞〜現在形〜
  5 :会話…病気 
    :文法…動詞〜未来形〜、動詞〜過去形〜
  6 :会話…その他、まとめ
    :文法…子音と母音、まとめ


 ■受講料 全6回講座分 本学学生 5,000円 聴講生 10,000円
 ■定 員 10名
 ■テキスト
  ●『すぐに使える!実用ミャンマー語会話集』…このテキスト
    に沿って会話を勉強していきます。
               …旅の学校のまどオリジナルです!!
  ●『実用ビルマ語入門』 戸部 実之著 
       …講座にあわせて編集してあります。
  ★上記2冊を学生さん全員にプレゼントします!

   ●タンダー・アウン先生
ミャンマー生まれ、ミャンマー育ちのミャンマー美人。ミャンマーの
大学を卒業後、1993〜1994年にストロベリーガーデンにてイチゴの栽
培に従事。1994年から6年間“Kalaw Hotel”にてレセプションとツ
アーコンダクターとして勤務。その傍ら、ミャンマーの中低学年の生
徒や民族の方のボランティアティーチャーとして活躍。
2000年来日。現在、(株)夢屋在職中。


お問合せ先/お申込先  
東京・吉祥寺 カルチャースクール 旅の学校 “のまど” 担当 岩井 穂純

TEL 0422-23-1451 FAX 0422-23-2051


iwai@yume-ya.co.jp

02/05/25

事務局へのお客様 2002/5/6
 1999年の関東支部「マルビツアー」でメンバー一同がお世話になったヤンゴンのサミットパークビューホテルのマネジャー/Linie Cortezさんが4月24日に関東支部事務局にお出でになりました。Cortezさんは、ホテルとミャンマー国の観光プロモートで来日しました。自分のホテルもさることながら、多くの人に、まず、ミャンマーに来てほしいそうです。
 このホテルに行かれCortezさんを見かけたら声を掛けて上げてください。ヤンゴンの見所などのアドバイスをしてくれるかもしれませんよ。
 ※上写真/右がCortezさん 左は事務局の栗原 
   下/ヤンゴンのSummit Parkview Hotel


02/05/25

おしらせ!

外務省アジア局南東アジア第一課
(ミャンマー担当)
から最新情報「ミャンマー情勢レポート」を戴きましたので、
同課のご協力により内容を公開致します。


ミャンマー情勢レポート

02/03/17
 2002.3.15 

桜美林大学オープンカレッジ 2002
ビルマ語講座のご案内


 当会関東支部所属会員でもある浅野静二さんのビルマ語講座が本年度も4月から桜美林大学で開かれます。
 オープンカレッジですから、この際ビルマ語を学びたい会員の方等にはお薦めのコースです。
 お問合せは、直接桜美林大学までどうぞ。(下記連絡先)


2002年度春季講座 4月中旬〜3ヶ月 毎土曜日に授業があります。
授業日
 4/13・4/20・4/27・5/11・5/18・5/25・6/1・6/8・6/15・6/22・6/29・7/6 
受講料 各講座 それぞれ21、000円
講 師 浅野 静二
時間帯・講座内容は以下の通りです。

ビルマ(ミャンマー)語入門
9:30〜11:00

コード:11601
初めてビルマ語を学ぶ方を対象とし、ビルマ文字の書き方と発音を学び、旅行の時にすぐに役立つ基本会話をマスターしていく中で、初歩的な文法も身につけることを目指します。
ビルマ(ミャンマー)語初級1
11:10〜12:40

コード:11602
入門コースを終了した方を対象とし、基礎文法力と共に、生活に必要な日常会話力を身につけることを目指します。また歌、ビデオ教材などにより、ビルマ文化に対する理解も深めます。
ビルマ(ミャンマー)語初級2
13:00〜14:30

コード:11603
初級1コースを終了した方及び同等の学習経験のある方を対象とし、応用のきくビルマ語力を身につけることを目指します。基礎文法を復習しつつ、日常会話力を伸ばし、やさしい文章も読んでいきます。

お問合せ先/お申込先      桜美林大学障害学習センター
TEL 042-797-6947・6948(直通) FAX 042-797-7467
http://www.obirin.ac.jp


01/11/20
※終了しました。
 2001.11.15 
学生によるミャンマー水不足地域環境改善のための
チャリティコンサート

”天 秤 棒 の 道”

日時  11月17日(土) 開場16:00 開演17:00
会場  豊島区公会堂

入場料 一般1000円 学生以下500円 (収益金はすべてミャンマーに送られます)
◆出演(予定)◆ 河本 明 (ハーモニカ奏者)
          金丸 寛 (マリンバ奏者)
     Part Per Million (Peter.Paul&Mary日本ファンクラブ)
    again (ダンスユニット)
《主 催》日本外国語専門学校チャリティーコンサート実行委員会
《後援》特定非営利活動法人ブリッジエーシアジャパン
         (http://www.jca.apc.org/baj/)

    学校法人文際学園 日本外国語専門学校
《協 力》学校法人イーエスピー学園 専門学校 ESPミュージカルアカデミー
《お問合せ》 TEL 090-6548-0982(チャリティーコンサート実行委員会)
      e-mail charikon@hotmail.com
      http://web1.freecom.ne.jp/~jcflccc/

01/10/16 ※終了しました。
2001.10.3 
本部より関東支部会員へ<会員特別企画>のご案内
この度、当会名誉顧問・元ミャンマー大使山口洋一氏とゆくふじ丸「微笑みのアジアクルーズ」が企画されていますが、東京におきましてふじ丸の内覧会を兼ね「山口名誉顧間を囲んでふじ丸ディナーの夕べ」を特に当協会会員の為に催したいとのご案内もいただきましたので、お知らせ申し上げます。

山口名誉顧間を囲んでふじ丸ディナーの夕べ
日時:2001年10月14日(日)18:00〜20:00頃
場所:ふじ丸船上にて(東京晴梅客船夕一ミナル停泊中〉
参加料:¥6,000円(定員20名様・先着順)
日本のクルーズ客船でナンバー1の評価と云われる ふじ丸特製のフルコースディナーをお楽しみください。
※開催が間近になりました!
 関東在住の皆様の参加をお待ちしています

申込先:商船三井客船株式会社
営業一部日本ミャンマー友好協会係(中山裕子)まで
電話03−5211−5211
名誉顧問・元ミャンマー大使山口洋一氏とゆく
ふじ丸「微笑みのアジアクルーズ」のご案内
〜ミャンマー、そして彩りゆたかなアジアの国々を訪ねます〜
掲題のふじ丸「微笑みのアジアクルーズ」は、80年来の客船の伝統を受け継ぐ商船三井客船 株式会社が企画・運航する船旅で、日本の船としては、初めて心安らぐ国ミャンマーを訪ねます。この 度は、当協会の名誉顧間である山口洋一氏が同クルーズにご乗船され、ミャンマーを初めご駐在された 国々のご事情をお話しになられます。(90分の講話を6〜7回実施予定です。)
クルーズの 詳しい内容は、上記商船三井客船株式会 社宛お問合せください。

2001/9/1
ミャンマーの料理が出ている本が出版されました。
  「辛い料理」   発行/株式会社大泉書店

関東支部も写真提供にて協力しました。

2001/7/30
  
本会が長年の功績を認められ7月6日外務大臣表彰を受けました。
左/表彰式 右/表彰式後のレセプションで植竹繁雄外務副大臣と内田会長他メンバー




社団法人 日本ミャンマー友好協会 関東支部
〒105-0012 港区芝大門2-4-5 芝ダイヤハイツ205
TEL.03-3435-1414  FAX.03-3436-2278



  (社)日本ミャンマー友好協会関東支部ホームページへ戻る    tectoplanへ戻る