社団法人 日本ミャンマー友好協会は、1972年の創設以来、文化活動を中心にビルマとの友好親善を進めてきましたが、1989年におけるミャンマーの国名変更と市場解放経済の導入を機に、経済をも含めた交流を推進しております。
そして1997年、文化と経済のふたつの専門部会を新設するとともに、全国に3つの支部を設置し、現在、全国で600名を数える会員(そのうち法人会員約80社)とともに、よりきめ細かい事業活動を進めております。
ミャンマーの概要 友好協会の沿革




TOP PAGE